今やムダ毛処理は春から夏にかけての風物詩!

ムダ毛処理は計画的に

雪が解け新芽が顔を出す時期になると、ムダ毛がやたらと気になり春から夏にかけては脱毛の宣伝を良く耳にします。男のくせしてムダ毛処理?なんて方は少なくスマートに仕事が出来る人ほど身の回りのこともキッチリと行っています。ムダ毛処理の定番と言えばカミソリで剃ること、冬は顔だけで済んだものが、暖かくなると徐々にカミソリは下へ向かい、夏には足まで剃ることになります。カミソリはどんなに高価なものを使用しても、肌へのダメージは大きく、剃る時期を誤ると日焼け止めを塗る代わりに痛み止めの薬を塗る羽目になります。

時代と共にムダ毛処理も進化

カミソリの次に多いのはクリームを使った脱毛です。脱毛クリームは毛を溶かすため、換気の悪い場所で行うとプラスチックが焦げたような匂いが蔓延、当然肌へのダメージも大きいため、保湿成分などが配合されているクリームなどでケアをしっかり行わなくてはなりません。近年最も評判が良いのはブラジルで命名されたブラジリアンワックスです。ブラジリアンワックスで使用するワックスは温かいため、毛穴が広がり毛が抜けやすいためアンダーヘアの処理にも利用されています。

子育て中の方は注意が必要

女性が行うムダ毛処理は愛おしく感じますが、男性が特に髪の毛が薄い方が行うムダ毛処理はどこか矛盾を感じ悲しくなるほどです。世の中に無駄な人間はいないと言われますが、毛にも無駄なものはなく意味を持って生えています。眉毛は汗止め、陰毛は陰部の温度を一定に保ち、体毛は衝撃や紫外線から身を守り、触覚機能や体温維持など多くの役割を担っています。現在脱毛はファッション性を高める為に行われていますが、子育て中の方はデリケートな子供の肌を傷つけないよう脱毛後のポツポツヘアーに気を付けましょう。

東京には様々なエステサロンや脱毛サロンがあります。そのため、永久脱毛を東京で施術を受けると自身に合ったプランで施術を受けることができます。