レーザー脱毛!医療脱毛とサロンでの脱毛ってどう違うの?

レーザー脱毛は医療脱毛の一つですよ

レーザー脱毛は永久性を得られると言った特徴がありますよね。レーザーの光を肌に照射すると、肌にダメージが与えられるようにイメージする人も多いようですが、レーザーの光は毛穴の奥にある発毛組織に集まる性質があるので、皮膚にダメージを与えずに脱毛が出来るのです。レーザーと言うのは現在医療行為が許されている美容皮膚科や美容整形外科などの病院のみで利用出来るため、レーザー脱毛の事を医療脱毛と呼ぶ人も多くいますね。

毛周期に合わせて施術を繰り返し

医療脱毛の施術を受ければムダ毛が全部なくなってツルツルの肌になるのかな?と想像する人も多いのではないでしょうか。確かに、レーザー光線は強力な光なので脱毛効果は光脱毛よりも高めと言われています。しかし、レーザー光線は発毛組織を破壊しなければ永久性を持つ脱毛にはなりません。発毛組織を破壊するためには、ムダ毛により多くのレーザー光線を集め、熱エネルギーで組織を破壊する必要があるのです。毛周期の中でも成長期の毛はレーザー光線を集めやすい性質があるので繰り返し施術を受けるとツルツルの肌になりますよ。

レーザー脱毛器には幾つかの種類があります

レーザーを使って医療脱毛を行いたいと言う人が増えていますが、レーザー光線を照射するレーザー脱毛器には幾つかの種類があるのです。医療脱毛の施術を行ってくれる病院の中には幾つかのレーザー脱毛器を用意していて、施術を受けに来た人の毛質や肌の状態などに応じて使い分けを行ってくれる所もありますよ。脱毛は個人差があるため、他の人に効果があっても自分には効果が起こり難いと言ったケースもあるため、こうした医療脱毛を選ぶのがお勧めです。

医療脱毛とは、医療機関で行っている脱毛のことです。厚生労働省に認可された機器を使用し、医師の管轄のもとで脱毛が行われます。強い出力で機器を使用できるため高い効果が得られます。