抜かずに済む?根管治療は出来るだけ自分の歯を残す治療法です

歯を抜いてしまうとどのようなリスクがあるの?

歯と言うのは顎の骨の中に埋め込まれた形で出来ているので、顎の骨が歯を支える形で形成されています。骨は歯がある時には支えてあげなければならないと言う役割がありますが、歯を抜いてしまうと、支えると言う役割がなくなり、衰退してしまうと言われています。衰退と言うのは骨が身体の中に吸収されてしまう事を意味しており、骨が痩せた状態になると言うリスクがあるのです。最近はインプラント治療を受ける人も多くなっていますが、インプラント治療は骨の中に構造体を埋め込むため、骨の衰退を防止出来ると言うメリットがありますよ。

歯を抜かない治療を行ってくれる

虫歯が進行してしまった場合、歯の神経にまで虫歯菌が侵されてしまうケースもあり、このようなケースでは歯を抜くと言う方法で治療が行われています。しかし、骨の衰退を考えた場合、歯を抜くのは良くない方法、そこで歯を出来る限り残す治療を行ってくれる歯医者さんが多くなっています。出来る限り残す方法は根管治療と呼ばれている方法で、専門医による治療を受けると、歯を残せる、骨の衰退を防止する治療が出来るなどのメリットもありますね。

根管治療はどのような治療法?

可能な限り歯を残す根管治療は神経の治療法です。感染してしまった歯の神経を取り除く、神経が通っていた根管部分をきれいに洗浄や除菌を行う、虫歯菌が再び繁殖させないように薬を充填するのが根管治療です。但し、根管治療は確実に行う事が重要であり、しっかりと治療が行われていないと虫歯が再び発生するリスクを高めてしまい、歯を抜かなければならない状況になるケースもあります。そのため、根管治療は実績や経験を持つ歯医者さんを選ぶのが重要なポイントになってくるのです。

根管治療とは、細菌に感染してしまった神経や歯質を完全に除去し、歯の根の病気を治療する方法です。細菌を完全に取り除くので、細菌が増殖することなく、完全に治すことができます。